外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 公立小中学校の中長期的な教員配置の指針となる文部科学省の第8次教職員定数改善計画案の概要が24日、同省関係者への取材で分かった。定数を、退職者や少子化による自然減を踏まえた上で来年度から8年間で約2万人純増させ、40人が上限とされる1学級当たりの編成標準を30~35人に段階的に引き下げ、少人数化を図ることが柱。上限引き下げは約30年ぶり。近く正式発表する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信