外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 甘利明経済再生担当相は15日、8月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。物価に関し「デフレ状況ではなくなりつつある」とし、デフレ脱却に向けて前進したとの認識を示した。景気の基調判断は「着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる」とした7月の表現を据え置いた。物価の判断は、生鮮食品と石油製品を除く消費者物価が下げ止まり、横ばいとなっていることから上方修正した。

共同通信