外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウラジオストク共同】北方領土での日本とロシアの共同経済活動の具体化に向け、日本政府は現地調査団を8月16~22日の日程で派遣する方向で最終調整に入った。日ロ関係筋が28日、明らかにした。事業内容として、択捉島でイチゴに加えて野菜も栽培する案が浮上していることが判明。今月31日のモスクワでの外相会談で、協議を加速させる方針だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信