外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「奇想の絵師」として再評価されている江戸末期の浮世絵師歌川国芳(1797~1861年)の多色刷り浮世絵版画(錦絵)で、女性の幽霊をユーモラスに描いた作品「かさねのぼうこん」が、約80年ぶりに東京都内で確認されたことが13日までに分かった。戦前から所在不明だった。国芳収集家で洋画家の悳俊彦さんは「国芳の円熟期の作。初刷りのような色を伝えている点でも大変珍しい」と高く評価。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信