外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 臓器提供増加を目指す改正臓器移植法が7月に成立したが、都道府県の腎臓病患者会(47団体)の約9割が、(来年7月の)施行後も十分な提供数にならないと考えていることが22日、共同通信の調査で判明。移植への国民の理解が進んでいないことや、医療機関の体制不備などが理由。移植希望者の大半を占める腎臓病患者が法改正後も「臓器不足」を心配している現状が浮き彫りとなり、施行へ関係機関の取り組みが問われそう。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信