外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サンティアゴ共同】チリ北部の鉱山落盤事故で、政府当局の作業担当者は6日、救出用トンネルの工事が残り100メートル強となり、早ければ9日にもトンネルが地下の坑道に到達し、工事が完了するとの見方を示した。救出に向けた作業は最終段階に入る。政府当局は33人の作業員を1人ずつカプセルに収容し、トンネルを通じて地上に運び上げる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信