外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱自動車と富士重工業は5日、中国での9月の新車販売台数が前年同月と比べいずれも6割減少したことを明らかにした。他の日本メーカーの販売も急速に落ち込んでいるとみられ、反日デモと不買運動の拡大による影響の深刻さが浮き彫りになった。三菱自の9月の販売台数は、前年同月比62・9%減の2340台。富士重は64・5%減の1857台となった。マツダも34・6%減の1万3258台だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信