外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経済産業省が29日発表した9月の鉱工業生産指数速報(05年=100、季節調整済み)は92・5と前月比1・9%低下し、4カ月連続でマイナスだった。下げ幅はリーマン・ショックで落ち込んだ09年2月以降で最大。08年10月から09年2月まで5カ月連続でマイナスとなって以来の長期低下となった。経産省は「横ばい傾向で、先行きは弱含み」としていた基調判断を「弱含み傾向」に下方修正した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信