外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 太平洋戦争中に愛知、富山両県内の三菱重工業の軍需工場で働いた元朝鮮女子勤労挺身隊の韓国人女性と遺族計7人が、2009年になって支払われた厚生年金脱退手当金が終戦直後の貨幣価値に基づき99円だけだったのは不当だとして再審査を求めたのに対し、社会保険審査会は18日までに請求を棄却した。関係者が明らかにした。(共同)

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信