ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

A級戦犯死刑、指紋で確認

 極東国際軍事裁判(東京裁判)で絞首刑判決を受けた東条英機元首相らA級戦犯7人の刑執行手順を具体的に定めた米軍公文書が、7日までに見つかった。絞首台を徹底的に点検し、遺体が本人かどうか指紋を取って確認するなど「軍隊的正確さで実施されなくてはならない」と指示している。死刑執行の全容を示した公文書が明らかになるのは初めてで、立ち会った教誨師らの証言を裏付ける内容だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。