列車や飛行機に突風が直撃して起きる重大事故を防ごうと、気象庁気象研究所が人工知能(AI)を使った予測システムの開発を16日までに始めた。気象レーダーによるリアルタイムの観測データから突風の「種」を発見、危険が及ぶ範囲と時刻を推定し警報を出す。4年後の実用化を目指す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。