外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブエノスアイレス共同】東京、マドリード、イスタンブールの3都市が争う2020年夏季五輪招致で、AP通信が東京を「本命」に挙げた。30日配信の展望記事で、ベテラン担当記者が「小差で先頭走者とみられている」と評した。ただし東京電力福島第1原発の汚染水漏れが「懸念をもたらしている」とも指摘。スペインの経済危機で一度は脱落したとみられたマドリードが勢いを取り戻し、東京の挑戦者になったとした。

共同通信