外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウランバートル共同】モンゴルの首都ウランバートルでのアジア欧州会議(ASEM)首脳会議で、16日の閉幕後に発表する予定の議長声明を巡り、南シナ海問題への言及を求める日本やフィリピンなどと、言及を拒否する中国が激しく対立、声明の発表自体が危ぶまれる事態となっていることが分かった。会議関係者が15日、明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信