外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR西日本は12日と13日、尼崎JR脱線事故が起きた福知山線の急カーブ(兵庫県尼崎市)の直前で、制限を超える速度が出ていたために自動列車停止装置(ATS)が作動したケースが05~09年に計10件あったと発表した。脱線事故が起きた上り線と、対向の下り線でいずれも5件ずつあった。JR西は当時の社内の公表基準に達していなかったことなどから公表していなかった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信