外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】乳がんのリスクを高める遺伝子変異が見つかり、両乳房の切除・再建手術を受けたことを公表した米人気女優アンジェリーナ・ジョリーさん(37)の母方の叔母(61)が26日、乳がんのため米西部カリフォルニア州の病院で死去した。AP通信が伝えた。叔母はデビー・マーティンさんで、ジョリーさんと同様の遺伝子変異が見つかっていたという。2004年にがんと診断されていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信