外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 集団予防接種の注射器使い回しによるB型肝炎感染被害者を救済するための特別措置法が9日、参院本会議で可決、成立した。来週にも公布され、その後1カ月以内に施行の見通し。札幌、福岡など全国で争われてきた訴訟に加わっていなかった被害者も救済する内容で、未発症者を含め、症状に応じ50万~3600万円が支払われる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信