外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 集団予防接種の注射器使い回しを放置した国の責任が問われている全国B型肝炎訴訟のうち、北海道訴訟の第3回和解協議が1日、札幌地裁であり、国側はウイルスを保有しつつ発症していない無症候性キャリアーの損害賠償請求権は消滅したとの従来の見解を示した。母子手帳に代わる接種証明の方法については(1)自治体の予防接種台帳(2)接種痕に関する医師の意見書や戸籍、本人らの陳述書を総合判断する―などとした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信