外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】ロンドンのヒースロー空港で起きたエチオピア航空のボーイング787の火災原因について、英運輸省の航空事故調査当局は13日、「現段階では(トラブルが相次いでいた)バッテリーと直接の関連を示す証拠はない」と発表した。787は日本製リチウムイオン電池を使った二つのバッテリーを機体前方と中央のそれぞれ下部に搭載しているが、調査当局は「焼損部位はバッテリーの場所から離れている」と指摘した。

共同通信