外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 飛行中に発煙し、高松空港に緊急着陸した全日空ボーイング787で、機体前方の電気・電子機器室のメーンバッテリーから電解液などが噴き出し、内部が真っ黒に炭化していたことが17日、運輸安全委員会の機体調査で分かった。電解液の噴出で、バッテリーは重量が約5キロ軽くなっていたという。安全委はバッテリーを取り外し、破損状況を調査。バッテリー本体の解析を第三者機関に依頼する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信