外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米ボーイングは25日、バッテリーの発煙トラブルで運航停止となっている最新鋭旅客機787について、改良したバッテリーを搭載した機体を使った試験飛行を実施したと発表した。米ワシントン州内を中心に約2時間飛行。787の運航再開に向けて一歩前進した。試験飛行で集めたデータを米連邦航空局(FAA)が分析し、問題がなければ運航再開を認めるとみられる。運航再開は早ければ4月中となる見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信