外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】ロンドンのヒースロー空港で駐機中に起きた火災などボーイング787のトラブルについて、ロイター通信は18日、787が乗客の快適さのために高く設定している機内の湿度が電気系統の不具合などの遠因になっている可能性があるとの専門家の見方を伝えた。ロイターは「湿度が高いとショートなどを起こす可能性が高まる」との専門家の指摘を報道。当局は絶縁などの措置が十分かどうかも調べているという。

共同通信