外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 牛海綿状脳症(BSE)の全頭検査について、食肉処理施設を持つ44都道府県の66%に当たる29都道府県が廃止方針を決めたり、廃止の方向で検討を進めたりしていることが24日、共同通信の自治体アンケートで分かった。「継続する方針」「継続の方向で検討」はゼロだった。全頭検査は2001年に始まった。法的な検査対象の範囲が段階的に縮小する中、7月の制度見直しに向け、廃止の流れが加速していることが浮かんだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信