外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 牛海綿状脳症(BSE)対策の見直しを議論していた内閣府の食品安全委員会専門調査会(座長・酒井健夫日本大教授)は3日、食肉処理場で実施されているBSE検査の対象牛の月齢を「48カ月超」に引き上げても「人への健康影響は無視できる」として、問題ないとの見解で合意。今後、一般からの意見公募を経て食安委が厚生労働省に答申。厚労省は検査緩和に向け関連省令の改正作業を進める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信