ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

CIA元職員送還に「法的根拠」

 【ワシントン共同】米国家安全保障会議(NSC)のヘイデン報道官は25日、記者団に米当局が訴追した中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者(30)を、滞在先のロシアが米国に送還することは可能だと強調した。渡航書類の不備やスパイ活動取締法違反の重大な容疑が「明確な法的根拠だ」と主張し、身柄引き渡しを強く求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。