外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシア外務省当局者は1日、米中央情報局(CIA)元職員のエドワード・スノーデン容疑者が6月30日夜、ロシアに政治亡命を申請したことを明らかにした。ロシアの複数のメディアが報じた。米国への配慮から元職員の受け入れに慎重だったロシアが、問題の長期化を避けるため方針を変更した可能性が高い。インタファクス通信によると、内部告発サイト「ウィキリークス」の法律専門家が元職員の亡命を申請した。

共同通信