外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ロシア政府による米大統領選干渉疑惑を巡る下院情報特別委員会の公聴会が23日開かれ、中央情報局(CIA)のブレナン前長官は、トランプ陣営がロシア当局者と接触していたと明言、ロシア側に利用されていた懸念があると指摘した。連邦捜査局(FBI)には陣営とロシアが共謀した可能性を捜査する「十分な根拠」があると述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信