外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米上院情報特別委員会は9日、中央情報局(CIA)がテロ容疑者に行っていた過酷な尋問の実態を記した報告書を公表し、正確で有益な供述を得る上で「効果的な方法ではなかった」と結論づけた。逆にこうした手法は「米国の名声に計り知れない打撃を与えた」とCIAを非難し、ファインスタイン委員長(民主党)は「拷問」と認定した。

共同通信