外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「ハッパふみふみ」などと、大橋巨泉さんが意味不明の言葉を唱えるテレビCMなどを手掛けたCMディレクター、椙山三太さんが16日午前8時35分、肺炎のため横浜市内の病院で死去したことが19日、分かった。72歳。東京都出身。万年筆のCMで大橋さんが「ハッパふみふみ」と唱える言葉は流行語になり、1969年度の全日本シーエム放送連盟(ACC)金賞を受賞。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信