外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球阪神は、今季のクライマックスシリーズ(CS)進出を逃して勝率5割を切った場合、真弓明信監督(58)を解任する方針を固めていたことが分かった。13日、球団関係者が明らかにした。チームは現在セ・リーグ4位にいる。真弓監督は昨オフ新たに2年契約を結び、来季が最終年。坂井信也オーナーら首脳陣は「続投が既定路線」としていたが、不振が続き、決断に至った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信