外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】包括的核実験禁止条約(CTBT)の署名開始から20年を機に、CTBT機構準備委員会は13日、本部のあるウィーンで閣僚級会合を開いた。北朝鮮の核開発や世界の核軍縮停滞に懸念が強まる中、木原誠二外務副大臣は核兵器なき世界の構築に向け「日本が主導的役割を果たす用意がある」と演説し、CTBTの早期発効を訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信