外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 DeNAは19日、アレックス・ラミレス外野手(37)が横浜市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受け「左大腿直筋(太もも前)の軽度の肉離れ」と診断されたと発表した。全治は約3週間で、30日の開幕戦出場は絶望的となった。ラミレスは18日のソフトバンクとのオープン戦(横浜)で二塁打を打った際の走塁で痛め、そのまま途中交代した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信