外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 愛知、三重、岐阜県など9県で構成する中部ブロックの災害派遣医療チーム(DMAT)は11日、南海トラフ巨大地震を想定し、傷病の度合いに応じて治療の優先順位を判断するトリアージや負傷者を遠方に搬送するための実践訓練を行った。

共同通信