外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 農水省は21日までに、牛肉の国産、外国産をDNA鑑定で判別する技術を、11年度にも産地検査に導入する方針を固めた。神戸大大学院の研究チームが開発したもので、産地偽装を見破る有力な手段になりそうだ。DNA鑑定を用いてオーストラリアや米国、日本などの牛肉の産地を判別する技術を確立したのは初めて。4月までに行ったテストでは、100%の精度で判別できたという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信