外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は22日、臨時内相理事会が決定した難民12万人の受け入れを各国で分担する措置の詳細を発表、今後1年で受け入れるのは最大6万6千人であることが明らかになった。14日の理事会で決めた4万人と合わせ、当初の分担は最大10万6千人。残る5万人以上への対応は1年後以降となり、多数流入する難民に十分対応できるかが課題となる。

共同通信