外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ドイツ週刊誌シュピーゲル(電子版)は30日までに、米国家安全保障局がワシントンにある欧州連合(EU)代表部の施設などに小型盗聴器を仕掛け、監視対象にしていたと報じた。コンピューターネットワークにも侵入、電子メールや内部文書を盗み見ていたという。同誌はCIA元職員エドワード・スノーデン容疑者が所持する機密文書の一部を閲覧したとしている。元職員本人と直接接触したかどうかについては言及していない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信