外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)による域内の全原子炉143基を対象としたストレステスト(耐性評価)で、原発事業者と原発を抱える14カ国がまとめた中間報告書には、福島原発事故を引き起こした「複合的な原因による原子炉トラブル」や「航空機の衝突」への耐性評価がほとんど示されていないことが28日、明らかになった。報告書を分析したグリーンピースは「多くの盲点があり、福島の教訓に学んでいない」と批判。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信