外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】国際結婚が盛んな欧州連合(EU)域内で、国籍が異なる夫婦が離婚する際に、どの国の法律に従って手続きを進めるかの選択を可能とする新規則が20日、成立した。国際離婚への対応に統一性を持たせることで、立場の弱い配偶者の権利を守り、複雑で苦痛を伴う離婚手続きを効率化するのが狙い。当初はフランスやドイツなど14カ国で先行実施され、日本人などEU域外の市民にも適用される。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信