外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 フランスのクリスチャン・マセ駐日大使は8日、東京都内で記者会見し、欧州連合(EU)が中国に対して行っている武器禁輸について当面継続されるとの見方を示した。「フランスは解除も可能との立場を示しているが、EUの中で明確な意見の一致は見えていない」と述べた。EUの対中武器禁輸は、中国が武力で民主化運動を弾圧した1989年の天安門事件以降、続いている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信