外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は29日夜、ブリュッセルで首脳会議を開き、EUの新基本条約、リスボン条約発効の障害となっていたチェコ大統領の条約修正要求を受け入れることで合意した。これにより、加盟27カ国中、唯一残っていたチェコが近く批准手続きを完了、新条約の年内発効が確実となった。EU当局者は「11月中に批准手続きを終えれば、条約は12月1日に発効する」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信