外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 7日午前8時45分ごろ、訓練中の航空自衛隊F15戦闘機(石川県・小松基地所属)から、燃料タンク1本と模擬空対空ミサイルの一部が同基地の北北東約4キロの地上に落下、タンクなどは石川県能美市の下水道施設など約10カ所で見つかった。けが人の情報はないが、空自が被害の有無の確認を急いでいる。空自は対領空侵犯措置を除いて、安全確認ができるまで同型機の飛行を中止する見通し。落下したタンクに燃料は入っていなかった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信