外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米空軍嘉手納基地(沖縄県)は21日、10月から18カ月間にわたり滑走路2本の改修工事を順次実施するのに伴い、基地所属のF15戦闘機に米軍普天間飛行場を使用させる可能性が高いと発表。22日にF15が普天間飛行場を使い、安全性などの確認を行う。新たな訓練などに使うことになれば、普天間飛行場周辺の騒音や危険性が高まるのは必至。米側や日本政府に対する住民の反発が一層強まりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信