外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米司法省の監察官室は20日、連邦捜査局(FBI)が01年の中枢同時テロ後、テロ対策を理由に反戦集会や環境保護団体メンバーを監視していたのは不当だったとする報告書を公表した。報告書は、02年11月にペンシルベニア州の平和団体が開いた反戦集会で、FBI捜査員が中東系に見える女性の写真をひそかに撮影したと批判。「不必要な作業だった」と結論付けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信