外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】5日付の英紙サンデー・タイムズは、FIFAの理事2人が2018年と22年W杯開催地を決めた理事会での投票の見返りに1人当たり150万ドル(約1億2千万円)を受け取ることで合意していたとの新たな疑惑を報じた。同紙は内部告発者の話として伝え、告発者は「基本的に投票を得るための金だった」と説明した。2人の理事の名前は明らかにされていない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信