外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【チューリヒ(スイス)共同】国際サッカー連盟(FIFA)は20日、スイスのチューリヒで倫理委員会を開き、2018年と22年のワールドカップ(W杯)開催地決定にかかわる買収疑惑で、投票と引き換えに多額の金銭を要求したと報じられた理事2人を暫定的に職務停止とすることを決めた。処分が科せられたのはアダム理事(ナイジェリア)とテマリー副会長(タヒチ)で、30日間の効力がある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信