外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本が議長国を務めるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が14日に採択する宣言案の概要が7日、分かった。APEC参加21カ国・地域の経済を統合する「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)」構想実現の手段として、自由貿易協定(FTA)を規定することを見送った。FTAは統合の有力な手段だけに、首脳会議最大の焦点である構想実現へ確固たる道筋をつけることが難しくなりそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信