外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は4日、サンクトペテルブルクで5日から開催する20カ国・地域(G20)首脳会合で経済討議のほかに、シリア情勢を議題に追加する考えを会合の議長として表明した。会合に参加するオバマ米大統領と個別に会談する意欲も示した。ロシアのテレビ、第1チャンネルのインタビューに答えた。大統領はまた、軍事介入を表明したオバマ大統領の決定を強く批判した。

共同通信