ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

G20、円安誘導批判に日本反論

 【モスクワ共同】日米欧に新興国を加えた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は15日夜(日本時間16日未明)、初日の討議を終えた。会議後、麻生太郎財務相は記者団に「日銀はデフレからの早期脱却を目的として金融緩和を推進していると各国に説明した」と述べ、海外からの「円安誘導」との批判に反論したことを明らかにした。また各国が「通貨安競争」に走ることや、保護主義を回避することで一致した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。