外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】モスクワで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は20日午後(日本時間20日夜)、中国を念頭に「影の銀行(シャドーバンキング)」の規制や監視の強化を期待すると明記した共同声明を採択し、閉幕した。焦点の米金融政策をめぐり、政策変更は明確に説明するよう要請。各国には雇用と成長の促進が優先課題と指摘した。

共同通信