三重県で開催中の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)は27日午前、世界経済の危機回避と持続的成長に向け、結束していくことを確認した「先進7カ国(G7)伊勢志摩首脳宣言」を採択した。世界経済の下方リスクが高まっているとして「適時に全ての政策対応を行う」と明記し、財政戦略を機動的に実施する考えで合意。安倍晋三首相がサミットで言及していた「リーマン・ショック前」との経済認識については触れなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。