外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が日本時間9日、ワシントンで開かれた。世界経済の不透明感が強まる中、各国が自国通貨安を望む「通貨安競争」の回避に向けて協調することで、また中国には人民元切り上げを促すことで一致し閉幕した。野田財務相は会議後「為替相場の過度で無秩序な変動は世界経済に悪影響を与えるという原則を、あらためて確認したのが成果」と語った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信